青汁 中性脂肪 女性

青汁は30代女性の中性脂肪に効果的?

青汁

基礎代謝能力が低下が始まる30代

20歳を過ぎると男女共に基礎代謝能力が低下していき、中性脂肪の数値にも影響が見られます。

 

特に、30代になると男性では特に顕著に中性脂肪が増え、女性も少しずつ数値が増えている傾向にあります。

 

加齢は仕方のない部分がありますが、脂肪が増える原因は食生活の内容や運動不足等が大きく影響します。

 

20歳を境に中性脂肪の原因となる、飲酒や喫煙が法的に可能になることや、仕事によって食生活が乱れることも影響していると言えそうです。

 

特に女性の場合は、妊娠等によって中性脂肪がどうしても上がりやすくなる時期も存在します。

 

高血圧を引き起こす原因にもなるので、臓器への負担を抑えるためにも対策を行ったほうが良いでしょう。

 

手軽に中性脂肪を抑える青汁

手軽に中性脂肪を抑える効果があるものとしては、青汁がおすすめです。

 

中性脂肪とコレステロールはその値に相関関係があるとされていますが、数値が増えると高血圧だけでなく、血行不良や動脈硬化を招く原因となります。

 

これらの数値の上昇を抑えるためには、肉や卵等の摂取を抑えて、豆類や海藻類を多く食べるようにする必要があります。

 

青汁に含まれる食物繊維やビタミン、ミネラルにも抑える作用があり、腸の調子を整えてコレステロールの排出を促すことが可能です。

 

中性脂肪が増えにくい、野菜や青魚中心の食事に変えるとともに、青汁も飲むと効果があると考えられます。

 

青汁の中で特に効果があるとされているのは、キトサンとよばれる成分が含まれているものです。

 

不溶性の食物繊維で、コレステロールの排出を促し、体内の悪玉コレステロールの量を減らす働きがあるとされています。

 

野菜不足等の問題も解決でき、飲み続けやすい食品でもあるので、気になる人は青汁を生活に取り入れてみると良いかもしれません。